これがいい看護師転職
ホーム > ノンシリコンシャンプー > シャンプーってどんな種類があるのか徹底調査してみた。

シャンプーってどんな種類があるのか徹底調査してみた。

シャンプーには使用感がありますから、気になって徹底調査しました。幾つか種類があってややこしいですが、「石鹸類」と「オーガニック類」、「合成界面活性剤系」と「アミノ酸系」が出回っています。頭皮や髪のダメージを気にするならオーガニック類とアミノ酸系のシャンプーをおすすめしますが、洗浄力に期待したいなら合成界面活性剤系です。個人的におすすめできないのは石鹸類のシャンプーとなります。 頭皮や髪のダメージを気にするならオーガニック類とアミノ酸系のシャンプーは使えます。オーガニックとは有機栽培を意味しますが、化学肥料や有害な化学物質を使わないで、ナチュラルに育てたハーブや植物を意味します。そのエキスを配合した製品をオーガニック製品と示しますが、化学物質や肥料を吸収していないエキスは髪にも頭皮にも優しいです。しかし、注意してほしいポイントは、「洗浄成分は天然とは限らない」ことです。オーガニックシャンプーでも、合成界面活性剤は配合することはあります。あくまで有機栽培された植物やハーブを使用していることが前提です。 アミノ酸系の洗浄成分は髪や頭皮にかける負担が少ないです。洗浄力はそこそこで、余程のオイリー肌の人やフケ症の人でない限りは幅広い年代層で使えます。原料はアミノ酸であったりしますが、多少の化学物質を使う時もしばしばあります。しかし、ラウリル硫酸ナトリウムやコカミドDEA(ジエタノールアミン)よりは使いやすいと言えます。 合成界面活性剤を配合したシャンプーは否定的な目で見られやすいですが、洗浄力は抜群です。極度のオイリー肌の人は洗浄を徹底しなければいけないですから、汚れを落としたい時にはおすすめしたいです。ラウリル硫酸ナトリウムはしっかり洗い流せばデメリットは少ないと言えます。 最後に石鹸シャンプーですが、個人的におすすめできません。肌にはメリットでも、髪には問題だらけです。髪はアルカリ性に弱く、石鹸の性質に負けて抜ける可能性が高いのが困ったところとなります。注意して下さい。